•  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    シズオ・Z・クワハラ

     

     

  • 首席客演指揮者 

    マリインスキー劇場・ウラジオストク

     

    ゲオルグ・ショルティ国際指揮コンクール優勝

  • Media

    ドキュメンタリー・演奏映像・ニュース

    「カリスマ指揮者への道」

    ゲオルグ・ショルティ国際指揮コンクールのドキュメンタリー

    日本では「BS世界のドキュメンTリー」で放送されました。

    アメリカではアマゾンからの購入が可能です。

    Amazon Prime Video Streaming (USA)

    DVD via Amazon (USA)

    Shizuo Z Kuwahara, conductor

    Harriet Krijgh, cello

    マルコ国際指揮者コンクールの最終戦コンサートの映像

    マルコ国際指揮者コンクールのセミ・ファイナルの映像

    第4回マリインスキー劇場「極東国際音楽祭」

    「セレブレイト・アジア」コンサート

    2013年に開演したチャリティーコンサート

    WRDWニュースでの紹介

  • ディスコグラフィー

  • Newsletters

    ニュースレター

    イオネル・ペルレア国際指揮者コンクール2位受賞、

    特別賞としオペラ・ハウスやオーケストラからの招待
    About Shizuo Z Kuwahara
    Opera Brașov
    Filarmonica de Stat Sibiu

    コンクールの写真
    Keep Connected!​

    オランダ デビュー「Phion Orkest」
    オランダ人作曲家 ビオラ協奏曲 レコーディングプロジェクト
    アメリカでの演奏会:バージニア交響楽団
    マリインスキー劇場での演奏会
    スコアに秘められた真実
    舞台裏の写真

    Keep Connected!

    マリインスキー劇場「エフゲニー・オネーギン」
    大阪交響楽団「感動の第九」
    マリインスキー ・オーケストラ バッハ&ブラームス
    ドキュメンタリー「カリスマ指揮者への道」
    Keep Connected!​

    2月&3月の演奏会
     バレエ - 「ダフニスとクロエ」 (初演)
     オペラ - プッチーニ:「トスカ」
     マリインスキー劇場オーケストラ
    ぱんだウインドオーケストラ
    舞台裏の写真
    ドキュメンタリー「カリスマ指揮者への道」
    Keep Connected!

    NEW!「Patreon」会員ページ
    12月の演奏会

     日露文化交流コンサート
     セルゲイ・ババヤンとマリインスキー・オーケストラ
     ヴェルディ:歌劇「マクベス』
    ウラジオストクの気になるニュース
    舞台裏の写真
    ドキュメンタリー「カリスマ指揮者への道」
    Keep Connected!

    マリインスキー劇場・プリモルスキーステージ
    首席客演指揮者 就任演奏会
    アメリカ音楽事務所への所属決定
    ドキュメンタリー『カリスマ指揮者への道』
    Keep Connected!​

    マリインスキー劇場「椿姫」
    マリインスキー 劇場「マクベス」
    フィルハーモニック・ウインズ・大阪
    ドキュメンタリー「カリスマ指揮者への道」
    Keep Connected!​

    マリインスキー劇場「エフゲニー・オネーギン」
    大阪交響楽団「感動の第九」
    マリインスキー ・オーケストラ バッハ&ブラームス
    ドキュメンタリー「カリスマ指揮者への道」
    Keep Connected!​

  • シズオ・Z・クワハラ

     

    第4回ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクール(フランクフルト)にて優勝。これを機にヨーロッパでの演奏活動を開始し、2009年から、フランクフルト歌劇場管弦楽団、ドイツ放送フィルハーモニー、ポーランド室内管弦楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団への客演を行っている。2009年~16年にはジョージア州オーガスタ交響楽団の音楽監督を務めるなど、日米欧を中心に意欲的に活動している。現在はマリインスキー劇場首席客演指揮者として勤めている。

     

    1976年、日本人の両親の下東京に生まれる。10歳でアメリカに移住し、イーストマン音楽院を経て名門エール大学音楽科にて指揮を学ぶ。エール大学ではエリエザー・デ・カルバリョ賞、アイヴズ賞を、同大大学院ではソロス・ニューアメリカン奨学金を獲得するなど優秀な成績で卒業。これまでに、デイヴィッド・エフロン、ローレンス・レイトン・スミス、レナード・スラトキン、デイヴィッド・ジンマン、ティモシー・マフィット、マイケル・ジンボのもとで研鑽を積んだ。

     

    2002年、バージニア交響楽団のアシスタント・コンダクターに就任。その意欲的な活動が音楽監督ジョアン・ファレッタに認められ、2004年から2007年まで正指揮者を務める。就任直後に行われた定期公演ではショスタコーヴィッチの交響曲第10番を演奏、ヴァージニアン・ピロット紙にて「最近のバージニア響定期の中で最もすばらしい演奏」と評された。

     

    2005年には米国オーケストラ連盟のオーディション(参加250名)に選ばれ、フィラデルフィア管弦楽団の特別研究員に就任。音楽監督クリストフ・エッシェンバッハのもとで研鑽を積んだほか、同管弦楽団の公演に定期的に出演。就任以降取り組んでいるベートーヴェン交響曲のチクルスでは高い評価を得た。教育活動にも力を入れており、バージニア交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団では数多くのアウトリーチ活動、教育プログラムに参加。2001年から2年間ワシントン州アメリカン大学音楽科助教授、同大学交響楽団の音楽監督を、2003年より2005年にかけて、バージニア州立ウィリアム=メリー大学音楽科講師、同大学交響楽団の音楽監督を務めた。

     

    2006年にはPMFパシフィック・ミュージック・フェスティバルにてヴァレリー・ゲルギエフのアシスタント・コンダクターを務めるとともに、同年12月に行われた東京国際指揮者コンクールに入選、同時に日本での活動を本格的に開始した。2008年にはサイトウ・キネンフェスティバルにて小澤征爾のアシスタント・コンダクターを務めた。2011年には日本フィル定期演奏会にデビュー、「推進性豊かで痛快」(東条碩夫/音楽の友2011年3月号)等絶賛を博す。これまでに、読売日本交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、フィルハーモニック・ウインズ大阪、大阪市音楽団と共演している。

  • Representation

    所属事務所

    北・南アメリカ

  • Contact